平成27年度環境月間について


building

環境省では、環境の日(6月5日)を含む6月を「環境月間」として、環境の保全に関する普及・啓発のため、関係府省庁、地方公共団体等の参加と協力のもとに、全国各地で1400以上にわたる行事を実施します。6月6日(土)及び7日(日)には、環境省主催による「エコライフ・フェア2015」を渋谷・代々木公園で開催。

(引用元:https://www.env.go.jp/press/101030.html)

 

平成27年度環境月間ポスター

引用:https://www.env.go.jp/press/101030.html

 

 

1.平成27年度 環境月間

(1)ねらい
環境省では、環境の日(6月5日)を含む6月を「環境月間」として、環境の保全に関する普及・啓発のため、関係府省庁、地方公共団体等の参加と協力のもとに、全国各地で各種行事を実施します。

今年は、低炭素社会、自然共生社会、循環型社会の構築に向けた統合的な取組、東日本大震災からの復旧復興等を推進します。

 

(2)関連行事について
環境省では、6月6日(土)及び7日(日)に、「エコライフ・フェア2015」を渋谷の代々木公園で開催するほか、様々な行事を開催します。

関係府省庁、都道府県、政令指定都市が実施する各種行事は、下記のホームページで一覧的にご覧いただけます。

 

各府省(15省庁)384件
都道府県(47都道府県)822件
政令指定都市(20都市)200件
合計1406件(参考:5月28日12:00現在)

ホ-ムページアドレス
→ http://www.env.go.jp/guide/envdm/index.html

 

 

エコライフ・フェア概要

○今年のテーマは、「この美しい地球を守りたい」

○有名アーティスト等も参加する13のメインステージ(300人以上収容)

○来場者が楽しく参加しながら環境問題への理解を深め、環境保全のための行動へと促す

・16のワークショップ(50人収容)

・Fun to Shareハウス

・葛西臨海水族館の移動水族館

・環境省、企業・団体、NGO・NPO等による65の展示ブース

・岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県の物産や食材からなる復興支援マルシェなど、盛りだくさんの内容です。

 

ホ-ムページアドレス
→ http://ecolifefair.env.go.jp/index.html

 

 

環境の日って何?

「環境の日(6月5日)」は、環境基本法第10条において、「事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高める」日として定められている。

また、国連は、1972年6月5日からストックホルムで「国連人間環境会議」が開催されたことを受けて、6月5日を「世界環境デー」と定められている。

 

 

この記事の著者

あわせて読みたい

1.はじめに   「パリ協定」の批准に伴い,日本企業における環境経営への取組みは,企業の大小にかかわらず喫緊の課題となっています。環境経営における代表的な取組みの一つに,国際標準…
  先日5月6日に、一般社団法人日本環境測定分析協会から、「名誉会員証」が届きました。同協会は、1974(昭和49)年に当時の通商産業省と環境庁との共管のもと誕生した社団法人で…
  地球温暖化対策を真剣に進めるその背景に、とんでもない落とし穴があるとするなら、私たちはどのような行動をとるべきでしょうか。この後、「パリ協定」「ESG」「座礁資産」、さらに…
はじめに(「パリ協定」発効の行方) 2020年以降の地球温暖化対策の国際ルール、「パリ協定」の発効が有力となった2016年11月4日、日経朝刊9面には「脱炭素時代 幕開け」という大きな文字が、見…
環境コミュニケーションズ