環境省が第二弾MOE萌えキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募を開始


yx_moe

出典:http://www.env.go.jp/press/103224.html

MOE COOL CHOICEとは

「COOL CHOICE」は、2030年度の温室効果ガスの排出量を13年度比で26%削減するという目標達成に向け、省エネ製品やサービスなど、温暖化対策に貢献する「賢い選択」を促す国民運動。環境省の英名は「Ministry of the Environment」、略称は「MOE」で、「COOL CHOICE MOE(萌え)キャラクター」を募るとしている。

 

 

概要

1.株式会社クラウドワークスを通して募集します。
詳細は、下記株式会社クラウドワークスホームページ内のイメージキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテスト特設ページを御覧ください。今回は募集第2弾として、募集第1弾で選定したコンセプトに基づき、イメージキャラクターのデザインを募集します。イメージキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテスト特設ページ(https://crowdworks.jp/lp/moe)

2.募集期間
平成28年11月21日(月)~12月4日(日)

3.募集第1弾で選定されたキャラクターコンセプト
「並行世界から現れたCoolなわたしと、ズボラなわたし。」

女子高生。
「君野イマ」はぐうたらで不摂生。
「君野ミライ」はクールで知的でしっかり者。

部屋の電気も消し忘れ、冷蔵庫の扉も閉め忘れる。真冬の部屋で暖房をガンガンに利かせてアイスクリームを食べるのが至福のひととき。そんなぐうたらな女子高生、君野イマはCoolなChoiceとは程遠い暮らしを送っていた。

「あなた、だれ。もしかして、ドッペルゲンガーってやつ!?」

そんな彼女のもとに突如として現れたのは、姿かたちも自分とそっくりな、もう一人の自分。

「わたしの名前は君野ミライ。わたしはあなた、あなたはわたし」

「どういうこと?」

「わたしはこの世界と鏡映しの並行世界、クールワールドからやってきたの。そこでは一人一人のCoolなChoiceによって、クリーンで、豊かで、先進的で、持続可能な暮らしが築かれているわ。けれどもいつか、どこかで選択を違えた二つの世界の間には、亀裂が生じてしまったの。このままでは世界が終わってしまう。だからどうにかして修復しなければならないの」

「でも、どうやって?」

「今にわかるわ」

それから君野ミライはまるで小姑のように、ぐうたらな君野イマの生活態度を正してゆく。

「わたしがここへ来た目的は、この世の多くの人々に、CoolなChoiceをしてもらうこと。そして世界を救うこと。そのためにはまず、あなたのそのぐうたらな生活を改める必要があるの。そしてあなたには、世界の人々にCool なChoiceを伝える伝道師になってもらうわ。これはもう、この世界における決定事項なのよ。さあ、一緒に世界を救いましょう!」
「そんなこと言われても……」

果たしてミライは、イマを変えることができるのか。イマは、変わることができるのか。

以下引用:環境省(http://www.env.go.jp/press/103224.html)

環境省では、「COOL CHOICE」の認知度向上等に向けて、様々な普及啓発活動に活用することを目的としたCOOL CHOICE MOE(※)萌えキャラクター(以下「イメージキャラクター」という。)を株式会社クラウドワークスと共同で制作するプロジェクトを10月17日(月)から開始しています。

イメージキャラクターのコンセプト設定からデザイン制作までを、クラウドワークスに登録する全国のクラウドワーカーの力を活用して実施するもので、今回は募集第2弾として、募集第1弾で選定したコンセプトに基づき、キャラクターのデザインの募集を行います。制作したイメージキャラクターは、COOL CHOICEに関する普及啓発の様々な場面で活躍してもらうことを予定しています。

 

 

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8341
室長:伊藤 賢利(内線7740)
補佐:増田 直文(内線6725)
補佐:井上 満 (内線7745)
担当:樋口 祐太(内線7782)

この記事の著者

あわせて読みたい

1.はじめに   「パリ協定」の批准に伴い,日本企業における環境経営への取組みは,企業の大小にかかわらず喫緊の課題となっています。環境経営における代表的な取組みの一つに,国際標準…
  先日5月6日に、一般社団法人日本環境測定分析協会から、「名誉会員証」が届きました。同協会は、1974(昭和49)年に当時の通商産業省と環境庁との共管のもと誕生した社団法人で…
  地球温暖化対策を真剣に進めるその背景に、とんでもない落とし穴があるとするなら、私たちはどのような行動をとるべきでしょうか。この後、「パリ協定」「ESG」「座礁資産」、さらに…
はじめに(「パリ協定」発効の行方) 2020年以降の地球温暖化対策の国際ルール、「パリ協定」の発効が有力となった2016年11月4日、日経朝刊9面には「脱炭素時代 幕開け」という大きな文字が、見…
環境コミュニケーションズ