ピックアップ
2016.11.25

「『環境人材』育成を通じた新たな企業価値の創出 」セミナーの開催


shutterstock_85403191

(写真はイメージ)

エコプロは毎年、環境、経済、社会を統合的に向上させる持続可能な社会の構築に向けて、強い意欲を持ち、各自の専門性を発揮しつつ社会をリードする「環境人材」の育成を目指し、環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)と連携し、企業等での取組を促進する各種施策を推進する取り組みが毎年行っている。

 

「『環境人材』の育成を通じた新たな企業価値の創出」をテーマとして、「環境人づくり企業大賞2015」(環境省、EcoLeaD主催)の受賞企業から実際の取組事例の紹介と共に、事例発表企業とセミナー参加者との間で、パネルディスカッションを実施されるようだ。

受賞企業

・大阪信用金庫(http://www.osaka-shinkin.co.jp/)

・佐川急便株式会社(http://www.sagawa-exp.co.jp/)

・大和ハウス工業株式会社(http://www.daiwahouse.co.jp/)

日程・場所・申込方法等

日程:平成28年12月8日(木)13:30~16:30
会場:エコプロ2016(東京ビッグサイト会議棟6階 605会議室 )
主催:環境省、環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)
協力:一般財団法人持続性推進機構
参加費:無料(要事前申込)
定員:120名

参加申込者が定員に達した場合は、受付を締め切らせていただきます。予めご了承ください。

申込方法:以下のウェブフォームからお申し込みください。
https://ssl.alpha-prm.jp/eco-lead.jp/seminar2016.html

この記事の著者

あわせて読みたい

1.はじめに   「パリ協定」の批准に伴い,日本企業における環境経営への取組みは,企業の大小にかかわらず喫緊の課題となっています。環境経営における代表的な取組みの一つに,国際標準…
  先日5月6日に、一般社団法人日本環境測定分析協会から、「名誉会員証」が届きました。同協会は、1974(昭和49)年に当時の通商産業省と環境庁との共管のもと誕生した社団法人で…
  地球温暖化対策を真剣に進めるその背景に、とんでもない落とし穴があるとするなら、私たちはどのような行動をとるべきでしょうか。この後、「パリ協定」「ESG」「座礁資産」、さらに…
はじめに(「パリ協定」発効の行方) 2020年以降の地球温暖化対策の国際ルール、「パリ協定」の発効が有力となった2016年11月4日、日経朝刊9面には「脱炭素時代 幕開け」という大きな文字が、見…
環境コミュニケーションズ