2015年度大気環境学会年会のお知らせ【プレスリリース】


 

building

こんにちは。ECOLOG事務局です。

平成27年9月17(木)に開催される、大気環境学会年会の特別セミナー「地球温暖化とカーボン・オフセット」についてお知らせします。

お申し込みはこちらから →https://conv.toptour.co.jp/2015/jsae56/seminar.html

 

特別セミナー「地球温暖化対策とカーボン・オフセット」のご案内

2015年末パリでCOP21が開催され、2020年以降の新しい温暖化対策の枠組みの合意に向けた交渉が行われる予定です。本年1月から7月にかけての世界の平均気温が1880年の観測開始以降で過去最高を記録するなど、地球温暖化の兆候が現れている一方で、国内では原子力発電所の再稼働や石炭火力発電所の環境アセスメントの是非が問われています。

 

このような状況を踏まえ、本特別セミナーでは、産官学の専門家・実務家によって、地球温暖化の最新動向や、その対策としてのカーボン・オフセットの最新動向、それに向けた産業界、自治体の取り組みを紹介いたします。本セミナーは大気環境学会の会員のみならず、広く一般の方の聴講も歓迎いたします。参加をご希望される方は、ご所属、お名前、電話番号、メールアドレスをご記載の上、年会運営事務局(jsae56-carbon@tobutoptours.co.jp)までメールにてお申し込みください。

定員に達し次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

 

プログラム

日時:2015年9月17日(木) 14:00-17:00

場所:早稲田大学西早稲田キャンパス 63号館2F 203教室

参加費:無料(大気環境学会年会参加登録者)

500円(一般の方:資料代として。カーボン・オフセットの木製名札付き)

座長:早稲田大学 理工学術院 大河内 博

 

<14:00-14:30>

【基調講演】地球温暖化に関する大気成分の変動要因と将来予測

国立研究開発法人 国立環境研究所 地球環境研究センター 向井 人史

 

<14:30-14:50>

カーボン・オフセットの仕組みと最新動向

カーボン・オフセットフォーラム 秋山 奈々子

 

<14:50-15:10>

東京都の気候変動対策の概要と東京都地球温暖化防止活動推進センターの取組

東京都地球温暖化防止活動推進センター 小島 正禎

 

<15:10-15:30>

山梨県有林の地球温暖化防止への取組み~国際森林認証の取得とカーボン・オフセット~

山梨県 森林環境部 県有林課 小峰 泉

 

<15:30-15:40>

休憩

 

<15:40-16:00>

ANAグループの環境マネジメントとカーボン・オフセットへの取組み

全日本空輸株式会社 望月 吉雄

 

<16:00-16:20>

ローソングループの社会・環境への取組みと「CO2オフセット運動」の紹介

株式会社ローソン 片山 裕司

 

<16:20-16:40>

第56回大気環境学会年会のカーボン・オフセット

グリーンブルー株式会社 三阪 和弘

 

<16:40-17:00>

総合討論

 

地球温暖化やカーボン・オフセットに関して、業界でも錚々たる方々にお話していただきますので、この機会にぜひご参加ください。

②地球温暖化やカーボン・オフセットに関して、業界でも錚々たる方々にお話していただきますので、この機会にぜひご参加ください。

お申し込みはこちらから →https://conv.toptour.co.jp/2015/jsae56/seminar.html

 

さらに年会会期中(9月15 日〜17 日)、早稲田大学西早稲田キャンパス 63 号館2階にて環境機器展を開催いたします。カーボン・オフセット関連の出展もございます。

 

環境機器展参加企業

企業展示場所に関しましてはこちら(https://conv.toptour.co.jp/2015/jsae56/company.pdf)をご確認ください。

 

<普通展示>

  1. サイバネットシステム株式会社
  2. 柴田科学株式会社
  3. 紀本電子工業株式会社
  4. 株式会社ガステック
  5. 光明理化学工業株式会社
  6. 株式会社松見科学計測
  7. 東京ダイレック株式会社
  8. ムラタ計測器サービス株式会社
  9. 日本サーモ株式会社
  10. 株式会社小笠原計器製作所
  11. 東亜ディーケーケー株式会社
  12. 株式会社平井
  13. 株式会社電力テクノシステムズ
  14. ヤマト科学株式会社
  15. 株式会社重松製作所
  16. 興研株式会社
  17. トランステック株式会社
  18. オリックス・レンテック株式会社
  19. 日本カノマックス株式会社
  20. 株式会社田中電気研究所
  21. カーボン・オフセットフォーラム
  22. 東京都地球温暖化防止活動推進センター
  23. 新宿区
  24. 山梨県
  25. 株式会社堀場製作所

(受付順)

 

<カタログ展示>

  1. 株式会社トヤマ
  2. 株式会社 HPC ソリューションズ
  3. ヤナコテクニカルサイエンス株式会社
  4. 株式会社アイデック
  5. 高千穂化学工業株式会社
  6. 株式会社パーキンエルマージャパン
  7. インフィコン株式会社
  8. ジーエルサイエンス株式会社
  9. 日本ビュッヒ株式会社
  10. 住友重機械エンバイロメント株式会社
  11. グリーンブルー株式会社

 

開催概要

主催:公益社団法人 大気環境学会(http://www.jsae-net.org/

後援:環境省、日本学術会議(予定)、全国知事会、全国市長会、東京都、新宿区

 

協賛:(公財)日本環境協会、(一社)産業環境管理協会

会期:平成27年9月15日(火)~17日(木)

会場:早稲田大学西早稲田キャンパス 〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1

http://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus

年会事務局:早稲田大学創造理工学部 環境資源工学科 名古屋研究室

第56回大気環境学会年会事務局

この記事の著者

あわせて読みたい

  先日5月6日に、一般社団法人日本環境測定分析協会から、「名誉会員証」が届きました。同協会は、1974(昭和49)年に当時の通商産業省と環境庁との共管のもと誕生した社団法人で…
  地球温暖化対策を真剣に進めるその背景に、とんでもない落とし穴があるとするなら、私たちはどのような行動をとるべきでしょうか。この後、「パリ協定」「ESG」「座礁資産」、さらに…
はじめに(「パリ協定」発効の行方) 2020年以降の地球温暖化対策の国際ルール、「パリ協定」の発効が有力となった2016年11月4日、日経朝刊9面には「脱炭素時代 幕開け」という大きな文字が、見…
1.はじめに 公害(環境)問題の解決に取り組んできた者にとっ て、1972 年に出版された「成長の限界[1]」の警鐘は、 強いショックとインパクトを与えたに違いない。同じ 年…
環境コミュニケーションズ