ピックアップ
2016.05.31

ダイキン工業が超小型マイクロ水力発電システムの開発を目指し兵庫県神戸市で研究を開始 


ダイキン.001

ダイキン工業株式会社は、このたび環境省の「平成28年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受け、神戸市水道局と共同で上水道の管水路の水流エネルギーを利用して発電する10キロワット以下の超小型のマイクロ水力発電システムの開発を目指し、研究を開始します。

出典:http://www.daikin.co.jp/press/2016/160526/index.html

また、超小型のマイクロ水力発電システムの共同研究を行うにあたり、既に当社が開発済みの22キロワットクラスのマイクロ水力発電システムを神戸市水道局福谷中層配水池に設置し、新たに開発した遠隔制御機能や長期的な性能、メンテナンスなどにかかる運用コストを評価します。本システムは、一般家庭約65軒分※1に相当する年間211メガワット時の発電能力を持ちます。

2011年の東日本大震災以降、新たな電力源の確保が課題となる中で、年間発電量の多い小水力発電は、安定的に発電できる効率的な再生可能エネルギーとして注目されています。しかし、特に小さな水力を利用する100キロワット以下のマイクロ水力発電は、発電規模に対して導入コストが高く、機器のサイズも大きいため、設置可能な場所が限定されるという課題がありました。

当社は、環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の一環で2013度から2015年度にわたって小型で低コストの管水路用マイクロ水力発電システムの開発および実証に取り組んできました。空調・油圧機器の省エネ商品開発で培った技術の応用によって、設置面積が従来の横型マイクロ水力発電システムの約半分で、導入コストも大幅に削減できる22キロワットクラスおよび75キロワットクラスの縦型マイクロ水力発電システムの開発に成功し、富山県南砺市、福島県相馬市での実証実験を経て実用化に至りました。

今回の神戸市水道局との共同研究では、上水道施設に設置されている数多くの圧力調整用のバルブに代わる10キロワット以下の超小型のマイクロ水力発電システムの開発を目指し、上水道施設の運用状況の調査および試作機の実証実験を行うことになりました。

神戸市は、再生可能エネルギーの活用など環境負荷の低減に熱心に取り組んでおり、高低差のある地形がマイクロ水力発電システムの設置に適していることから、今回の共同研究の実施に至りました。

一般的に、上水道施設ではまち全体に適切な水圧で水を供給するため、数多くの圧力調整用のバルブを使用しています。全国の自治体と協力し、上水道施設に設置されている圧力調整用バルブから超小型のマイクロ水力発電システムへの置き換えを推進することにより、上水道の水圧を調整するのと同時に、これまで利用されていなかった水流エネルギーを使って発電し、CO2排出量の大幅な削減につながる可能性があります。

また、マイクロ水力発電システムは、上水道施設だけでなく、生産過程で水を多く使用する鉄や紙、化学品、薬品、飲料品などの工場への導入を想定しています。設置場所の水力に応じて、発電電力22キロワットクラスおよび75キロワットクラスの発電システムを組み合わせて導入することが可能です。全国の上水道事業および水道用水供給事業は1482※2、工業用水の供給を受けている事業所は3160箇所※3と、本システムの導入ポテンシャルは高いと見込んでおり、自治体や企業と連携しながら全国への普及を推進し、CO2出量の削減を目指します。

当社は、これまでCO2排出量の削減に向けて活用してきた省エネ技術を創エネにも展開することで、エネルギー分野における新しい価値を創造し、持続可能な社会の実現を目指します。

 

報道機関からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室

【本 社】〒530-8323  大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)

            TEL (06)63734348(ダイヤルイン)

【東京支社】〒108-0075 東京都港区港南二丁目181号(JR品川イーストビル)

              TEL (03)67160112(ダイヤルイン)

お客様からのお問い合わせ先

ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター エネルギーシステムグループ

TEL0661957281

マイクロ水力発電紹介ページ

http://www.aquwatt.jp/about/

この記事の著者

あわせて読みたい

  先日5月6日に、一般社団法人日本環境測定分析協会から、「名誉会員証」が届きました。同協会は、1974(昭和49)年に当時の通商産業省と環境庁との共管のもと誕生した社団法人で…
  地球温暖化対策を真剣に進めるその背景に、とんでもない落とし穴があるとするなら、私たちはどのような行動をとるべきでしょうか。この後、「パリ協定」「ESG」「座礁資産」、さらに…
はじめに(「パリ協定」発効の行方) 2020年以降の地球温暖化対策の国際ルール、「パリ協定」の発効が有力となった2016年11月4日、日経朝刊9面には「脱炭素時代 幕開け」という大きな文字が、見…
1.はじめに 公害(環境)問題の解決に取り組んできた者にとっ て、1972 年に出版された「成長の限界[1]」の警鐘は、 強いショックとインパクトを与えたに違いない。同じ 年…
環境コミュニケーションズ